【お正月の飾り餅と床の間】

●華道は、16世紀ごろから盛んになった日本の伝統的な芸術の1つで、 生け花とも呼ばれ、6世紀に仏教の僧が、仏前に花を捧げたのがその起源だといわれています。自然の花を使って天(宇宙)、地(地球)、人の3要素をバランスよく表現する、という考え方が基本となっています。広口で平たい花器(水盤)に水を張り、金属板(プラスティク等の材質もある)にたくさんの太い針が上向きに並んだ剣山で花を固定し、盛り上げるように花を生ける(盛り花)、という様式が一般的です。はさみで、長短をつけたり、葉の形を修正したり、手で反りを加えたりして、自然の美や心情を表現します。
【ネットから借用】

【食事に添えられた梅一輪...】
< 4406 >

●気まぐれ Diary Memo               start '07.12.5

<掲載写真5枚>

****** 生け花数題 ******

●1.10(木)はれ
 新年行事とは無関係だが、瀬美温泉で見かけた「生け花」である。いつも何気なくあちこちで見ている生け花だが、「風流」ということが分かる歳になってきたのだろうか。自分だけで楽しむことではなく、見る方の気持ちの中に安らぎをもたらす生け花には感心するのである。数点貼付してみた... (^o^)/~
【窓の外は一面の銀世界】