< 3268 >

●気まぐれ Diary Memo        edit '08.5.8〜

<添付写真2+7枚>
*** 瀬美温泉と藤根の座禅草 ***   
●’13.3.26(火) はれ

 寒かった冬も徐々に春らしくなってきました。関東圏は今が桜の満開だと情報が入りました。気まぐれに「瀬美温泉」への日帰り湯治ドライブに行ったりしていますが、最近は特別な事もなくそのままお湯に浸かってくるだけです。少し走れば「夏油高原スキー場」に行けるのですが最近はスキーをする元気もなくなりました。お湯に浸かってそれで「満足!満足!...」という事なんでしょう。



◆雪が溶けて行きやすくなりましたが、最近はとんと足が遠のいています。裏山はまだ雪がのっこりです。奥羽山系の「夏油スキー場」は5月の連休まで営業が続きそうですね。



◆正面玄関から左手の新館はまだ雪がのっそりとあります。ただ宿の周りは地熱の関係なのか、殆ど雪が溶けていました。今回はいつもの「長寿の湯」はお客さんがいらしたのでスナップは止めました。温泉までの道路は一本だけで、雪はありませんでした。後日また出かけてみます...(^0^)/~

 

●’13.3.29(金) はれ
 天気がいいので北上から西側へ約20分位の藤根の里にある座禅草群落地までドライブしました。昨年も同じ頃に出かけたましたが、手のひらサイズの「座禅草」が咲き出していました。今年の冬はだらだらと寒い日が続きましたが、自然はきちんと巡ってきます。ネットからの情報では、温暖化の影響で北極圏の氷が少なくなりそれが今年の寒波を形成したのではないか?とありました。単純に考えたら温暖化になれば寒波は無関係なようにも思えるのですが、簡単には自然界の仕組みは分からぬものだし、天候の制御など出来るものでもありません。天気予報は予報であり「明日は何時には雨が降ります...」などと断言が出来ませんよね。
 二年前の東日本大震災はどなたも予測出来ないことで、これから起きるであろう「南海トラフ」の大震災も予測が出来ない自然現象です。時間の経過は恐ろしいもので、地震国の日本で今も原発が稼働しています。いろいろな利害が絡み、電気が生活のエネルギー源ですから仕方がないのでしょう。震災の瓦礫処理が全国に打診され、「某市」では「放射能汚染が怖い...」と交付された基金で焼却炉を作るだけの検討をしただけで、処理を放棄した所も多数あります。何十億という金額が交付され、瓦礫処理を断っても財政難のこの時に「交付されたお金は返納しない...」と宣言したりで、なんとも情けないものです。不景気は人の心も荒んだものにするんですね。基金と言っても私たちが払っている税金ですよ。

 この時期は花粉が大変で、少し風が強いと猛烈に杉花粉などが飛散します。都会地とは違い山だらけの北国でもこの花粉アレルギーは大変なもので、目は痒くなるは、呼吸に関連する鼻・唇などに湿疹が出来ます。一定の体質改善で免疫が作られるとあまり関係がなくなりますが、この花粉は春から秋口にかけて杉から始まり夏場の稲花粉など植物が生きるために一生懸命頑張っている証です。この座禅草の花粉も関係するのかもしれませんけど...



◆神社の向こうは花巻市、右手は北上市、左手は「奥羽山系」にある西和賀町経て秋田県となります。稲葉神社の右手に「座禅草の群落地」が展開しますが、北上市の北から南に流れる北上川を挟んで、北上平野が宮城まで広がっています。穀倉地帯は奥羽山系からの雪解け水が伏流水として平野に浸みだし、この肥沃な大地を作ったのでしょう。



◆入り口から見た群落地で、ポツポツと愛好家が散策に来ていました。



◆地下水が藤根の近くに浸み出る関係から、広い肥沃な穀倉地帯が出来たのでしょうね。北上平野は県北の二戸市から徐々に南に行くに従って北上平野となり宮城まで続きます。北上市は南部藩であり、市街地の南側を横切る和賀川と北から南に抜ける北上川とがぶつかっている所となります。ここを境として伊達藩との藩境の場所となります。桜の名所である展勝地は北上川沿いに展開しますが、和賀川沿いにも桜並木もありますがまだ木が若いのであまり散策する機会がありません。



◆見慣れた「座禅草」ですが、発育不良のような感じでこれから大きくなるのでしょう。大きさが大体手のひらサイズ位です。



◆確か里芋科だと思いましたが、毎年この場所に限定されたように顔を出します。藤根地区のあちこちにこのような群落がある訳ではありません。



◆仲良くつがいで咲いていました。落ち葉の中から顔を出していますが、周囲はまだ緑が殆ど見られません。咲いている場所まで立ち入る事が出来ず、管理された木道から望遠でのスナップです。



◆道路を挟んで西側を見た「稲葉神社」で、この杉林の中に「ショウジョウバカマ」・「カタクリ」・「イチゲ」なども咲き出すことでしょう。




 【使用カメラ...Sony DSC-T30  3× Optical Zoom 7.2Mega Pixcel】