< 3262 >
●’12.10.16(火) はれ

 しばらくぶりの気まぐれ「瀬美温泉」への日帰り湯治ドライブです。数日前に岩手山に初冠雪があったようですが、八幡平・須川高原は紅葉が今が盛りのようです。最近は少し元気がなくなりドライブするのも億劫になってしまいました。紅葉が里まで降りてくるにはまだまだ時間が掛かりそうですが、今年は猛暑の関係からか例年に比べ一週間から10日ほど遅いようです。瀬美温泉の山系はまだ緑が濃く、まだまだでしょう。何度かドライブかねて日帰り湯治で出かけてみたいと思っています。毎回同じような景色を掲載しても格別な変化があるでもないのですが、格別掲載するネタもないのですが今の「奥羽山系」麓の様子です。
 さすがに周囲はすっかり稲刈りが済んでしまいました。最近は刈り取った稲ワラは再利用することもなく、コンバインで砕かれて田んぼに還元されています。その作業過程の細かな粉塵が「花粉症」の原因にもなっています。鼻水がチョロチョロ、目が痒くなるのはそのせいだよ...知人が話していました。カラスが田んぼでえさ探しをする姿はあまり見かけないのですが、別な食い物があるのでしょうね。カラスは「花粉症」にはならないのでしょうか?ふとそんなことを考えてみました。



◆山はまだまだ緑が強くて、紅葉になるには月末頃なのかもしれません。いつもの気ままな日帰り湯治です。



◆逆光なので補正をかけたのですが、なんかどぎつくなってしまいました。完全な一人風呂でゆったりのんびりの湯治です。



◆右手の屋根は外の露天風呂用の入り口です。



◆左手が夏油川になりますが、ここらは熊の出没が話題になっていません。数日前に花巻の河川敷で熊と遭遇したニュースが流れていましたが、北上山系側の熊なんでしょうね。一関辺りは奥羽山系の熊なのでしょうが、今年は山は不作のようです。県南のキノコはサッパリなようですが、未だに「セシウム」汚染が落ち着いていません。もうすぐ雪になり自然力の除洗がすめばかなり落ち着くのかも知れませんが...



◆「長寿の湯」の脱衣場で見たお湯の効用ですが、「入浴指導員」??なんていうものが気になりました。入浴介助をするのだろうか?もしかしたおばちゃんだったりして...いろいろな資格があるんですね。



◆いつも通路で見かける生け花ですが、きっと女将のお仕事なんでしょうね。栗とイガが添えてありました。



◆玄関で見かけたのですが、これが今の時代の流れなんでしょうね。温泉まできてわざわざネットでも無いでしょうが、一定の設備なんでしょうか。



◆食堂から見た外の様子です。徐々に紅葉が始まっていました。



◆新館の様子ですがここが一番早いのかも知れませんね。この山手よりに「入り畑ダム」と温泉がありますが、まだ緑が強い感じです。月末頃には色づくのかもしれません。




 【使用カメラ...Sony DSC-T30  3× Optical Zoom 7.2Mega Pixcel】

●気まぐれ Diary Memo        edit '08.5.8〜

<添付写真9枚>
*** 瀬美温泉はまだ緑... ***