●’11.4.1(金) はれ
 大震災から3週間が過ぎました。岩手県の内陸部では混乱した流通状態も、なんとか元の状態に戻りつつあります。ガソリンスタンドでの給油待ちは解消されましたが、係の方から聞いたら依然としてまだ不安定な状態とか。スーパーの食料品の品薄は日ごとに解消してきましたが、乳製品が一番入荷しなかつたようです。いまだに「一個でのお買い上げ下さい...」と断り書きが貼られている商品もあります。納豆・豆腐・油揚...などはいまだに制限つきです。その点お酒は格別規制がないんです。魚や肉類、冷凍食品なども陳列されるようになりました。

 ここ数日の明るいニュースですが、沿岸部の被災された方達に内陸の温泉地での一時避難が開始されています。内陸部の鶯宿温泉・花巻温泉・一関の祭畤温泉・西和賀の温泉地や、市独自のサービスなども実施されています。東北道が開通しましたが、JR東北本線と新幹線が復旧すれば、かなり状況が戻るようです。なお東北本線は部分開業が始まり、全線がもうすぐ繋がるようになりそうですが、月末までには新幹線も全線修復されるようです。

 内陸部では殆ど震災被害には遭遇しませんでしたが、被災地の方達にとっては大きな試練が待っています。これからの生活への組み立てが大変なことになりますが、同情申し上げます。国では流失した家屋の方達には、お見舞いとしてとりあえず100万円を支給するとのアナウンスがありました。被災地での行方不明の方は、被災地全域で1万4千人をこえるようで、必死に捜査が行われています。とりわけ福島原発の近くでは放射能汚染で、現地入りが出来ない箇所もあるようです。津波に遭遇し、挙げ句の果てに放射能での被爆と、なんとも言いようのない仕業です。ただただ、ご冥福を祈るだけです。


 ここ数日気温が一桁で寒い日が続いていましたが、北上市内からはようやっと雪が消え去りました。ただ、大型店舗の駐車場の隅には除雪した雪がまだ残っています。今年の冬は寒い年でしたが、外に出てふと庭の隅をみたらブッシュの中からお花が顔を出していました。庭にある椿はまだ堅い蕾のままです。

 例年ですとこの時期は、「座禅草」を探して藤根までドライブするのですが、今年はガソリンの入手難から動いていません。近々ドライブしてみたいと思っていますが...






●クロッカス...2題



●椿







●4.2(金) くもり

 散髪の帰りにいつもの「座禅草」の群落、藤根<北上市から見て約10Km西側>に寄ってみました。ようやっと雪が溶け地肌が見えていましたが、やはり寒いのですね。まるで小さな発育不全?のような座禅草です。大きさが手のひらくらいでしょうか。どんより曇って風が強く肌寒い日です。雪の中で春をじっと待っていた「カタクリ」や「二輪草」などな会いに行けるのを楽しみにしています。もう少し先のことになるでしょうけど...



●群落地の入り口の駐車場ですが、一台の車もありませんでした。



●入り口にある案内板



●奥羽山系の伏流水がこの藤根あたりに染み出しているのだとか



●つがいの座禅草。



●横から見るとこんな風にも見えるんです...



●ブッシュの中の座禅草



●全体の様子ですが、まだまだ小さな座禅草です。見物する方がどなたも居ませんでした。一週間後にまた覗いてみます。



●4.18(月) はれ

 大震災の関係から、諸般の事情もあり瀬美にもしばらくご無沙汰していました。今日は思いつきで瀬美までドライブし湯治し、帰りにふらっと「岩沢」と「藤根」に寄ってみました。季節は時間をきちんと刻んでおり、フキノトウ(バッケ...とも言ってます)が、完全に背伸びするほど成長しており春なんだとに気がついたのです。よくよく考えてみればもう4月も半ばを過ぎたんですよね。



●座禅草も背中に日傘?を背負うまで成長すると、今年の開花も一仕事終わったことになります。地下茎にたっぷりと養分を蓄えて来年までの長い夏眠?となります。大体一ヶ月弱の開花にすぎませんが、植物の生命力ってもの凄いものですね。来年の春にまたお会いしましょう...(^O^)/~

 【使用カメラ...Sony DSC-T30  3× Optical Zoom 7.2Mega Pixcel】

< 3228 >

●気まぐれ Diary Memo        edit '08.5.8〜

*** 春の訪れ ***   
<添付写真4+7枚>