●11.2.21(月) 快晴
 つぶやき...と言っても海岸や田んぼなどで採れる「つぶ」を食すための焼き方ではありません。れっきとしたぼやきと自己主張なのでしょうが...

1.毎年の事ですが、先月末に政務書から送られてきた「確定申告書」の書き込みをし提出を済ませました。
 以前は分厚いマニュアルに沿ってきちんと計算し書き込んでいましたが、数年前からはもっぱら「国税局HP」の簡易計算を利用しています。今年もずぼらになってしまい、「国税局のHP」で簡易計算をし出来上がりです。私の場合、年金生活ですから、「源泉徴収書」と任意の「生命保険」しかなく簡易に計算させて終了です。計算が済んでしまえば、「終わった...」ということなんですが、このHPはよく出来ていますが、計算書に入り込むまで少々手間がかかります。数年前は、最初のメニューから計算書の表に潜り込むことが出来たのですが、今年は少し書式が変わり簡単に計算書まで潜ることができず少しばかり悩みました。原因は簡単なことなんですが、画面一杯に表示される画面の裏で、別な計算画面が動いています。つまり表示される画面が最大表示になるために、面食らってしまった次第でした。原因が分かってしまえばそれまでなんです...
 今年から「源泉徴収書」とか「任意保険の控除」とかの貼り付ける用紙が追加になり、プリンターで出力したものでそのまま送付出来、原簿は手元に残ることになり、最大メリットとなりました。申請書が電子申請も出来るのですが、わざわざそのために特別な読み出し機を購入してまで申請をする事もなし、出力画面での記載でまにあっていました。一度使うと便利なものです。

2.菅政権の姿勢がなんとも方向性が見えなくなってきました。
 大前提で打ち上げたコンクリートからの脱却と...「民主党のマニフェスト」にも現実問題として資金がないとどうにもならない現状にぶつかってしまいました。それでも皆様に平等に税金を分配する方式はいろいろな抵抗もみられますが、シニアにとって地デジへテレビの購入とかもありさっぱり恩恵がありません。いよいよ7月からはテレビはデジタルに変わります。高齢者へのテレビ購入半額とかのサービスがあってもいいのにとも思うのですよ。
 高校授業料の無料化、子供手当の分配、高速道路の無料化...など、どこからか資金を捻出しない限り出来ないことで、隠し財源と言っても限界のあることです。ただこの補助で助かる方達の年収で線引きしないという原則線があり、ここらがネックな様にも思えます。仮に線引きをすれば、この線引きにもいろいろな異論が出てくる訳で政争の論争ともなります。自主返納するとかの奇特な方もいないようで、「無料化結構...」ということになるのでしょうか。年金生活をしているシニア世代から見ると何故、これまでして援助しなければならぬのだろうか?...とも思うのですが、考え方を変えると、今の老人世代の老後を確保するための若者達へのサービスのようにも思います。今後とも法的に固定化し継続していくものではないのでしょうから、やはり「ばらまき」と批判されるのでしょうね。

 一方、元幹事長の小沢議員の行動・言動がなんとも解せませんが、彼の基本は自民党の体質に他なりません。批判している方達にも所詮どこかに痛いところの利権が絡んでいるのでしょうから、この機会に彼を政界から抹殺、排除するのが目的なんでしょうか。新大臣になった与謝野さんとて体質的には、小沢議員となんら変わりがないものだと思いますけど。市民運動が主体の社民党は何故か消えてしまわずにまだ政党として存在しています。その存在価値がまったく見えなくなってきました。今回、民主党からの会波離脱騒ぎの16名の方達の議員数にも満たない社民党の議員さん達には何ができるのでしょうか。むなしくなりますよね。

 ここ数日の調査から内閣支持率がとうとう20%を割り、自民党と民主党の政党支持率も逆転しました。自民党は解散を叫び続け、公明党と再度政権を担うかの動きを盛んにしており、予算審議にも応じない姿勢です。まあ基本的には政策が異なるから、簡単に賛成することは叶わないのは分かります。野党になることは大変な屈辱なのでしょうが、現実をもっと見据えるべきではないでしょうか。3月での解散騒ぎもあるのかもしれませんが、解散し自民党が政権を担ったら混乱した政局のねじれをまともに戻せるのでしょうか。かっての首相のたらい回しが再現されることになりはしませんでしょうか。今の混乱を笑ってみている政党にはまったく魅力も期待も持てないのです。このまま、責任をこすり合い肝心な予算関連の6月まで混沌とした政情つづくのでしょうか。悲しいことに、完全なねじれ状態での混沌とした日本の姿が、諸外国からも足下を見透かされてしまっているようです。私は政治評論家ではありませんが、何方が総理をやったとしても、混迷した日本の姿を正常なものにするには普通の感覚の方では出来ないと思っています。政党の主張にしがみついている政治家達の権力欲の感覚が時代遅れなのかもしれません。数日前に見た「松本清張」の「点と線」との内容が、奇妙にダブってくるのですよ。完全なる老人の戯言です...



●今朝はまだ氷点下でしたが、珍しくからりと晴れ上がりました。このような様子は年に何回お目に掛かることでしょうか...まだまだ裏の田んぼにはのっこりと雪が積み重なっています。田んぼのあぜが見えるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。



●綺麗に見えた西山です...



●同じ景色の夕暮れです。右奥の電信柱の背後に、夏油スキー場のライトが見えます。今年は雪が多いので、5月の連休まで営業が出来ることでしょうね...



●我が家から見た北東に「早池峰山」が珍しく見えました。麓の大迫では「宿場のひな祭り」が開催されています。月末から遠野市の「ひな祭り」が3月初旬まで開催されます。もう直ぐ3月になりますよ...


 【使用カメラ...Sony DSC-T30  3× Optical Zoom 7.2Mega Pixcel】
< 3222 >

●気まぐれ Diary Memo        edit '08.5.8〜

*** いい天気でした... ***   
<添付写真2枚>