< 3194 >

●気まぐれ Diary Memo        edit '08.5.8〜

*** 晩秋のみちのく ***   
<添付写真8枚>
●10.11.21(日) はれ
 山から里に降りた紅葉ももう終わりに近づきました。北上から周囲を見渡すと、東側には高い山はありません。西側の奥羽山脈が横川目で一度寸断されます。その場所には錦秋湖ダムがあり、湯田(今は西和賀町)を経て秋田の横手市方面へ抜ける107号線が展開します。秋田へと抜ける地形は盛岡と北上で鉄道もそこを起点として敷設されています。県都は盛岡で、そこを主体として南部藩が納めていたことになります。北上市は丁度、伊達藩の北の境となり南部藩の南端で市街地から少し南の相去(あいさり)が藩境となります。北上は西からの「和賀川」と北から南へ流れる「北上川」とに挟まれています。文化圏が違うのでしょうが、あまり気がつかないで暮らしています。南に下がるほど北上平野が徐々に広がり、宮城方面となります。伊達藩は仙台が主体で、南部藩は盛岡ということから、藩境付近は歴史的に争いの耐えなかった場所だった様です。

 その昔、京都が日本の中心であった頃、みちのくは蛮族の鬼が住む所であり、人として認められていなかった場所です。京都から江戸に遷都しても、人々のの意識的はあまり変わりがなかったことでしょう。北国は、豊かな自然と広い原野が展開し、当時は暴れ川であった北上川もきちんと制御されるようになり、北上川沿いに市街地が点在します。経済圏も盛岡から南は、城下町であった「花巻市」、宿場が主体であった「北上市」、そして「水沢市」、県境の「一関市」と展開しています。盛岡から北の方向は二戸市を経て、青森の八戸市へとなります。県内のいずれも市も過疎化と少子化、高齢者の増加がが進み色んな意味で町に活気がなくなっているようです。立地条件から来るのでしょうが、北上は盛岡に次いで核になれるような気もするのです。
 青森には大きな核が3つもあり、弘前・青森・八戸とそれぞれ独自の発展をしています。岩手は北への通り道の関係からか、そのような核のようなものがありません。岩手はあらゆるものが、盛岡に集約されていますが、最近はいろいろな施設が周囲に展開されるようになりました。四国と同じ大きさの中に人口が散在し、北上平野に展開する穀倉地帯が岩手の姿なのでしょう。

 雄大なリアス式海岸の三陸海岸(大船渡・釜石・宮古・久慈)との接点はあまり感じません。地形的には、東側に展開する北上山系を越えないと太平洋側には抜ける事が出来ません。北上は岩手の中程に位置しますが、大きな都市でもなくのんびり、ゆっくりと暮らしていることになるのでしょう。都会のように鉄道網が隅々まで張り巡らされていない関係から、車で移動するのが主となります。そんな場所ですから、東側に抜ける高速道路があればいいなぁ...と思うのです。元気のあるうちに完成すればいいですが...現在は花巻から遠野を経て釜石に抜ける高速道路も東和まで整備されています。現在、東和から遠野までの工事が進行していますが、完成すれば釜石までは「新仙人トンネル」を経て、かなり便利になると思います。

 鉄道網も仙台から盛岡経て青森まで東北本線が主体で、新幹線もそれに沿って八戸まで展開しています。いよいよ来月4日には青森まで開通いたします。十和田湖や青森まで気軽に出かける事が出来るのでしょう。整備新幹線のプランでは函館までは2015年開業されそうですね。札幌まで完成するのは何時のことになるのでしょうか。

 そんな他愛もないことを考えなから近辺をドライブしているんですよ...



●11月7日の瀬美温泉付近の様子。



●一週間後15日の瀬美温泉。山が完全に落ち葉へと変わりました。



●お気に入りの「長寿の湯」から外を眺めた様子です。時間帯によっては自分だけの贅沢な湯船になります。右手に小さな露天があります。左は女性用の屋根のかかった半露天風呂です。ここへは入ったことがないので分かりません。ここのお風呂は日替わりでの入れ替わりはありません。湯船は3カ所ありますが、どのように浸っても入湯料は500円です。月に一回26日の風呂の日は300円なり。



●ここが湯船への分岐点で、右側の「美人の湯」へはかなりの段数の階段を上がらなければなりません。泉質がアルカリ性なので、肌がすべすべします。なんで「美人の湯」と言うのかは分かりませんが、次回にでも言った時に、係の方から伺ってみますか...私の好きなのは「長寿の湯」です。



●11日。近所のスーパー手前にある広場の銀杏。黄色の絨毯です。



●21日。二階から見た東山の様子。かなり色褪せました。



●20日。西山の夕暮れ。雪の季節になると西山に真っ黒な雲が掛かります。二階から見たこの方向は夏油スキー場になります。



●21日。16:06 高々度を飛行機が横切る。多分旅客機でしょう...

 【使用カメラ...Sony DSC-T30  3× Optical Zoom 7.2Mega Pixcel】