< 3190 >

●気まぐれ Diary Memo        edit '08.5.8〜

*** 瀬美温泉情景 ***   
<添付写真16枚>
●10.10.24(日) 晴れ
 気まぐれな湯治ですが、いつものように「瀬美温泉」までドライブしお湯に浸かり甘露甘露...その後お昼を頂きというしだい。紅葉はまだこれからですが、手前の桜はもう枯れていました。時間の関係もありますが、私はいつも昼頃に出かけどっぷりとお湯につかっています。じかんの関係でこの広い湯船を一人で占領することが多々あるんですよ。そんなときにはデジカメでパチリ...いつものように入湯料は500円。そのあとにビールでも飲みたくなりますがそうもいかず、水で我慢して味噌ラーメン650円で贅沢な日帰り湯治となります。これしか楽しみがないのですから致し方ありませんね。老人の些細なせいたくなんですよ...(^O^)/~
 紅葉は例年より約一週間ほどずれているようで、来週あたりはいいのかもしれませんね。今回は温泉からそのまま帰ってきました。奥座敷の夏油温泉までは行かずじまいで、瀬美温泉と夏油高原で私は満足です。



●私はこの長寿の湯が一番好きです。右手は露天風呂の囲いらになります。左手は女性用の露天風呂ですが、未だにそちらを覗いたことがありません。面白いことに左手には同じように湯船があるようですが、男性側は殆ど会話がないのですが左側は結構お互いに話しているのが聞こえるんですよ。



●今回はまったく落ち葉がありませんでした。これは男風呂の露天ですが、周囲はまだ紅葉の手前です。どなたもいらっしゃらない...



●毎回通る廊下に展開する生け花...きっと女将が活けているのでしようね。これで心が洗われるんですよ。


●食堂からみた玄関の様子。庭にあるカエデ?が見事に色づいていました。



●これが新館で中には個室の掛け流し風呂があるとか。庶民にはちと足がすくむ宿泊料のようです。きょうみがおありの方はネットで調べてくださいませ。



●これが瀬美温泉の正面玄関です。今日も剣舞のお面にライトがついて歓迎していましす。



●瀬美温泉から出た***橋から上流を見た感じです。温泉はこの右手に展開しています。



●夏油川は瀬美温泉の手前から奥は禁漁区となっています。川の関係からか気温が周囲よりかなり低いのか、紅葉が進んでいますが、まだこれから一週間先には見事になりそうですね。



●同じ場所から見た下流となります。

 【使用カメラ...Sony DSC-T30  3× Optical Zoom 7.2Mega Pixcel】