●気まぐれ Diary Memo               start '07.12.5

< 3136 >

*** '09.10.17 三陸海岸へ思いつきのドライブ  北山崎へ ***

<掲載写真10枚>
龍泉洞から田野畑に抜け、北山崎に向かう。展望台から見た太平洋の景観はいつ見ても綺麗の一言。お昼を済ませ、島越まで下がり遊覧船に乗る。所要時間約50分の海から見た北山崎の景観である。風が結構強く波が少々荒れ気味であったが、展望台からみた太平洋と、太平洋から見た北山崎は一興である。北山崎へドライブするときにはお勧めのルート...

羅賀から45号線に出て槇木沢の「鵜ノ巣断崖」へ寄り、絶壁からリアス式海岸を眺める。宮古を素通りし釜石に出、遠野を回ってのドライブであった。

 なんでこんなに心が引きつけられるのだろうか。いつ見てもあの澄んだ青い海に何かしら心が洗われるのである。海を見つめていると何もかも無になってしまう...だから、海はいつ見てもいい。
●羅賀から45号線に出て更に南下。思惟大橋から槇木沢橋から少し下がった所に「鵜ノ巣断崖」が展開する。断崖までは結構な距離の散策となる。断崖にある展望台から眺めたリアス式海岸は、もの凄い景観である。北山崎に出かけた際には、是非立ち寄ってみてください。何度見ても素晴らしい。

 45号線に戻りそのまま下がって宮古に出、盛岡へ向かうルートにするか、更に釜石まで下がり遠野を経て花巻か北上へのルートにするかで所要時間が異なる。三陸縦貫道路が所々に出来、道路の供用区間があり快適になってきている。大体槇木沢から宮古まで1時間程度、宮古から釜石待ても大体1時間程度のドライブとなる。
 釜石から遠野に向かうルートに準高速規格「新仙人トンネル」が完成し、今年から途中に「滝観洞」への分岐点が完成した。一度よってみたいので釜石へのルートを選んだ。

 ・・・・・>さし当たり「鵜ノ巣断崖」へ
【平井賀港のシンボル。一見、三陸鉄道の列車と勘違いするのだが...】
【注意して左上を見ると、展望台があるのですが...】
【こんな所に滝が...不思議な感じがした】
【右側のとんがった岩と、手前の釣り鐘洞が、展望台から見える指標となる】
【島越港から遊覧船にまとわりつく海猫たち。観光客が与えるものは、パンで観光船で販売されていた。見事なホバーリングをする鳥たち。相手も必死なんですよね。脱帽...】
【遊覧船は、右上の矢越岬を過ぎ、眼下の湾を巡るコースとなる...】
【展望台の駐車場で見た案内表示...何度も行ったが、第2展望台には下ったことがない。階段がきつい...】
【釣り鐘洞と、目安となるとんがった岩。岩に自生する松の生命力にびっくり...】
【鵜なんです。カメラの性能限界でこれ以上のアップは無理で゜した】
【斜めに傾斜している地層。もともとここらの岩の年齢は、日本列島で一番古い...】