●三月が終わるのに...                  ’18.3.24

 あと一週間で3月も終わります。流石に周りの雪はとけましたが、ポカポカするような暖かさがありません。暦の上では「春分」が過ぎましたが、温度差が猛烈に激しい。それでも日中に日差しがあれば救われます。全国的に寒いようで仕方がないのでしょう。数日前に太平洋側を低気圧が抜けて、県北の海岸地方は時ならぬだめ押しの雪に見舞われた様です。関東地区はもう桜が咲き出しているとか。日本列島は北から南まで、もの凄い季節変化となります。

 ◆ネットの画面を拝借しましたが、流石に道路は溶けたようです。テレビの天気予報にありましたが、過去には5月半ばにも雪の記録があるとか...

 昨日気紛れにお買い物ついでに、奥羽山系の麓に近い「藤根地区」まで足を伸ばしました。数日前の雨は風が強かったので山沿いは雪になり、「夏油スキー場」は真っ白になっていました。いつものように5月連休までは存分に雪が残るでしょう。藤根から北上市寄りまで、奥羽山系の雪解け水が運ばれ、和賀川からのくみ上げではない貴重な水源です。北上川の西よりは北上平野の穀倉地帯になっています。
 まだ田んぼには残雪が残っていましたが、今年の冬は積雪量はたいしたことはありませんでしたが、気温が上がらず市街地でも強引なほど雪が溶けませんでした。天候異常は全国的な様子で、数日前には関東地区でも雪が舞い...どの様な一年になるのでしょうか。
 
 ◆湿地帯な事と、座禅草保護のために木道が整備されています。この画面からは「座禅草」は見られぬほど小さな大きさです。ここはデジカメの便利さで内部に入らなくても、この木道からぐいっと引きつけスナップです。注意しないとかなりの手ぶれが起きます。

 
  
 

 ◆大体10センチ位でしょうか。今年もなんとか「座禅草」に会えました。

 これから春の山野草が雪の中から顔を出します。岩沢地区は奥羽山系の麓になりますが、まだのっこり雪が残っており大体4月半ば頃までに咲き出すことでしょう。カタクリ・水芭蕉・二輪草・イチゲ・ショウジョウバカマ...など、雪の中で春をじっと待っています。
 桜前線の予報は<4月半ば>の様ですが、北上市の広報には「さくらまつり」の掲載が始まり増した。まだまだ先のことと思っても、今年も桜を拝見できそうです。なんとも寒い冬でしたが、そろそろ車のタイヤ交換をしなくては...と思っていました。
 数年前の古いデータですが、リンクを貼り付けました。
 <http://jfb.myhome.cx/newpage2106.htm


 


 【使用カメラ...Fuji FinePix SL1000 Optical Zoom ×50】

< 2153 >

●気まぐれ Diary Memo        edit '08.5.8〜

<添付写真6枚>
*** 寒さが続く  ***