●’13.7.26(金) 小雨

 春先になるといつものように3月末、藤根の「座禅草」から始まり5月の連休までの間、長い冬から目覚める北上周辺へのドライブが始まります。年間を通じ、長くて寒い冬から訪れる春は待ち遠しいものです。
・ 3月下旬...藤根の「座禅草」
・ 4月一杯...岩沢の「水芭蕉と片栗」/連動して季節が少し後半にずれこんだ西和賀の「水芭蕉」・川舟安が沢の「カタクリ」
・ 5月初旬...展勝地のさくらまつり...から始まり一気に春へと加速する山々
・ 6月   ...新緑が一気に訪れます
・ 7月   ...岩沢周辺の「多聞院伊澤家の蓮」
・ 8月   ...芸能祭りと花火/お盆
・ 9月   ...八幡平などの紅葉が始まり秋の訪れが聞かれるようになる
・10月   ...郷の秋が始まる
・11月   ...雪の頼りが聞こえ、須川・夏油温泉などが冬季閉鎖に移行
・12月〜2月..冬眠。春までの長い長い時間の経過となります

 今年は5月〜6月にかけて雨が降らず、渇水が心配されましたが7月の半ば頃から長雨が続き、関東圏は猛暑というのに岩手は自然クーラーの効いた状態です。北上市の広報で6月20日付けで紹介されたハスがまだ咲いていました。タイミング的には少し遅かったのですが、なんとかメモが出来ました。ピンク色の綺麗なハスで、今月一杯は楽しめそうです。



◆かなりの数の花芽がありましたが、まだこれからのものもあります。池は二カ所ですが、まだ鑑賞できます。



◆花弁がもうすぐ落ちそうですが、綺麗なピンク色が見事で心が洗われます。



◆お盆の近くに咲くハスもありますが、この「中尊寺ハス」はかなり早めに咲き出しています。中尊寺の「毛越寺」はアヤメが6月頃に見頃になりますが、ハスが咲いている池については資料不足です。



◆下に見える鉄道はJR「北上線」で右が北上へ、左が秋田側となります。昔は「横手」・「黒沢尻」という事から「横黒線」と言ってました。ヤマユリが見頃です。



◆伊澤家は「久那斗神社」の本家本元で、平泉の中尊寺が全盛の頃からの由緒ある歴史的な背景を持っています。数度訪れていますが、手前の崖の下にJR「北上線」が走っています。「青空説法」の行事があるようで、忙しそうに準備作業がなされておりました。



◆玄関先にあった看板です。これを全面起こそうとしましたが長いので諦めました。少し字が小さいのですが、読みとることができると思いますが...



◆岩沢地区は奥羽山系の麓に展開する地域になりますが、「和賀仙人」という所で一度奥羽山系が寸断されています。107号線は秋田と岩手を結ぶ大事な道路になっており、正面に見えるのは高速道路です。春先にはこの岩沢地区は「水芭蕉」・「カタクリ」・「二輪草」などの山野草を捜しにくる所です。

 北上周辺の内陸部は新幹線・高速道など一関から水沢・北上・花巻・盛岡までの直線部分は岩手県の要になっています。2013年は、NHKの朝ドラで「あまちゃん」フィバーで9月一杯、観光客が県北へ訪れそうですが、海岸線を南からメモしてみると「陸前高田」・「大船渡」/「釜石」/「宮古」/「久慈」と地域が飛び飛びになっています。「宮古」〜「久慈」まではかなりの距離になりますが、切り立った断崖・絶壁の小さな隙間に漁港が散在しています。一言で海岸地域を説明することは出来ませんが、三陸沖の豊かな魚場が海岸地方の生活を作り上げていると言えそうです。
 残念なことに震災後の鉄路は山田線「宮古」〜「釜石」間は不通のままです。北リアス線は「田野畑」〜「宮古」も不通のままですが、ここは近々開通しそうですね。南リアス線の「釜石」〜「大船渡」、更に南側へと伸びる「陸前高田」〜宮城県「盛」〜「気仙沼」...など、広範囲に津波で破壊されまだ完全に復旧していません。利用客のことから、配線の動きも見られるようです。2011年3月の大震災がいかに広範囲を破壊したことと、肝心な魚場も荒らされ漁港も壊滅的な損害を受けました。救いは岩手県の沿岸部に「原発」がなかったことでしょう。立地条件からすれば、海岸部は平坦地も少なく宮城・福島のような自然環境とは異なります。青森県・八戸市と久慈は洋野町を挟んで「久慈」になりますが、かなり以前に現在の種市(洋野町の中心地)に火力発電を設置しようとする動きもありましたが、漁業関係から猛反対が起き実現しませんでした。

 岩手県内は山合いに作られているダムで灌漑用水・発電が行われていますが、この発電量では県内の電力は賄えませんから、周辺の県から供給されていることになります。広大な土地に大きな企業が進出しどんどん岩手が豊かになればいいのですが、現実はそのようなものではありません。内陸部はいろいろな面で整備されていきますが、沿線から外れてしまうと経済力が希薄になり、どうしても農業が主要産業の位置づけとなります。土地は広いのですが、人口が少なく、経済力も貧弱で豊かなものは自然ということになるのでしょう。

 

 【使用カメラ...Sony DSC-F828  7× Optical Zoom 8.0Mega Pixcel】   
< 2100 >

●気まぐれ Diary Memo        edit '08.5.8〜

<添付写真7枚>
*** 多聞院伊澤家の蓮 ***