< 1203 >

●花と泉の公園

'07.4.10
※添付写真 7枚

正面に見える温室が「ベゴニア館」である。
ベゴニアは南米アンデスの熱帯原産だが、交配によって園芸品種が開発されているのだそうな。小型多花のエラティオールが一般的なのだが、大型のレックス・ベコニアなど、館内には約350種のベゴニアが通年鑑賞出来る。

「ぼたん 牡丹」は元々は中国が原産だが、品種改良をされて様々な牡丹が作られている。306品種のものが植栽されており、早咲きから遅咲きまで美しさを鑑賞出来る。
具体的な説明より、お花の写真をみい代理鑑賞をして下さい。なお写真をクリックすると「800*600」の大きな画面が展開します。
公園には「ボタン・シャクヤク(5〜6月)」「アジサイ(6月下旬)」などが配列され、広いお花の公園が展開する。温室には「ベゴニア」が咲き乱れていた。「ボタン・シャクヤク祭り...5月10日〜6月中旬」が開催される。