●県北の三陸海岸へのドライブ    edit...’05.12.9  ※添付写真5+1枚   <Page 1202>
 県北地方には素晴らしい海岸線が展開します。久慈の「小袖海岸」・野田の「十府ヶ浦」を皮切りに、普代の「黒崎灯台」、田野畑の「北山崎」や「鵜ノ巣断崖」と、一日でドライブするには少々強行軍になります。もう少し無理をすれば岩泉の「龍泉洞」にも行けます。しかし、ドライブ経路の研究が必要となります。

 三陸海岸まで出るには、「盛岡」から「宮古」へ、又は「花巻」から「釜石」へとルートが考えられますが、高速道路が整備されていない関係で、ドライブするには、「行きはよいよい...帰りが怖い」ということになりますか。なかなか大変です。見所が散在していますから仕方がありません。

 「北山崎」へは「田野畑村」の海岸で一泊すれば、のんびりゆっくりでのドライブになります。これがお勧め...

 北上から一番手っ取り早く抜けるとすると、「高速道路」で八戸まで行けますから、途中の「九戸インター」で降り、久慈に出るのが快適でしょう。そんなに飛ばす訳ではありませんが、「北上」を基点として「久慈」まで、おおよそ2時間半位です。仮に北上を9時頃に出たとすれば、おおよそ昼過ぎには「北山崎」に行き着くことが出来ます。
 昼ご飯を北山崎で済ませたとして、そこから南に約15分位移動し「鵜ノ巣断崖」を散策。そこから45号線を北上して「野田」を経て「久慈」へと戻り、その途中を数カ所ほど散策すれば、16時頃には「九戸インター」に戻ることが出来ます。そこから、そのまま南下すれば、18時過ぎには北上に戻ることが出来るでしょう。海岸へのドライブは、やはりお勧めが「夏の時期」で、日が長いので少々無理がききます。海岸線は夏のドライブが一番ですよね。

※なお掲載してある写真は、夏シーズンに撮影したもので、編集が終了した今の時期のものではありません。

●久慈から南下して「野田村」を経て約30分。普代村に着く。そこから海岸線に向かうと「黒崎灯台」がある。そこへの寄り道で展望台から見た海岸の様子で、下に見えるのが「ネダリ浜」、海の底が綺麗に見えます。誰かが寝ているのか?その語源は不明...そこから南下すること約15分位で北山崎に至る。


●北山崎...田野畑から遊覧船が出ています。船から見た断崖絶壁と、陸から海岸線とは大きな違いがあります。ぜひ二通りの見方をして見て下さい。遊覧船の発着場は、南側の先端部にあります。またそこには、綺麗なホテル、民宿などもありますから、「のんびり」と三陸の海を堪能してみたらいかがでしょうか。

●鵜の巣断崖...ものすごい切り立った断崖絶壁です。これがリアス式海岸の特徴になります。遙か向こうの先端部が「北山崎」方向となります。

●田野畑海岸にある「ホテル羅賀荘」からみた7月中旬頃の日の出...

      ****************************************************************************************************

【やませ山背】...

●この猛烈なガス... 6月中旬から7月下旬頃の約1ヵ月位が梅雨時期になるのでしょうか。梅雨時期には「オホーツク海高気圧」から「やませ」と呼ばれる湿った冷たい北東の風が吹き、霧が発生しやすくなり、曇や雨のぐずついた天気で肌寒い日が続きます。夏には太平洋高気圧が日本列島をおおい、気温が上がりますが、年によっては、この「オホーツク海高気圧」が、日本列島の北に長くとどまります。このとき吹く北東の風が「やませ」です。この「やませ」が終わらない限り寒い夏(冷夏)になり、冷害と騒がれる元凶となります。毎年の季節の変化ではありますが、やっかいなものです。やはり「アジイー...」という夏でないとつまらんですものね。

<この海岸は野田村の舟渡海岸の先端になり、このまま北上すると久慈市になります。「やませ」の時期は、海からガスがあがり、上の写真のような状態になってしまいます。夏になるひとつの経過となりますが、気温が上がらず、暖房が必要になることがあります。これが過ぎると、東北の短い夏が始まります...>

 

●ワイド画面について...ワイド画面は、私たちの視野に近いために、いつも見ている「4:3」の写真画角とはちがい迫力があります。使用しているビデオカメラも、ワイド規格になっています。デジカメよりは少し画素が甘いのですが、まあまあのものになっていました。

●写真の解説...かなり説明不足ですが、綺麗な海岸線が堪能できましたでしょうか。機会がありましたら、是非「久慈」・「普代」・「田野畑」・「宮古」・「釜石」・「大船渡」...など訪ねてみたらいかがでしょうか。実際に見た景色の迫力は、写真とはまったく違います。交通の便が猛烈に悪いののは仕方がありませんが、やはりドライブに限ります。透き通った海、綺麗な空気に存分に満足がいくことと思います。なお、ネットで、各地の各項目だけで検索が出来ますから、調べてみて下さい。かなりの情報が入手出来ますよ。

                                          サブメニューへ戻る...